M&Aによる事業の再構築

60歳を超えた経営者の方の元には、金融機関や、M&A仲介会社などから、電話やDMが届いたことがあるのではないでしょうか?

M&Aの連絡がきたとき、どんな印象をもたれましたでしょうか?

「うちの会社が狙われてる!!」と思われた方が多いのではないでしょうか。

その理由が「ハゲタカファンド」や「敵対的買収」という言葉を連想されたからではないでしょうか?ライブドアによるニッポン放送の買収(2005年)や村上ファンドによる阪神電鉄の買収(2005年)が印象深いかと思います。

経営破たんに陥っている企業の債権や株式を買い取って、実質的な経営権を握り、企業を再生させ、企業価値を高めた上で株式を高値で売り、利益を上げるハゲタカファンド。

買収する側が、対象とする会社の取締役会の同意を得ずに相手会社の株式を買収する敵対的買収。

動物の死体を食べる「ハゲタカ」や「敵対的」という言葉のせいで、M&A自体にいいイメージをもっていない方が多いようです。

では、M&Aとは何なのか?

M&A(エムアンドエー)とは、 Mergers(合併)  and  Acquisitions(買収) つまり「企業の合併買収の略称」のことで、事業を再構築する方法の一つです。

M&Aとは
日本におけるM&Aの現状は

年間どのくらいのM&Aが行われているのか。

実際は、日本におけるM&Aのほとんどが友好的なもの。敵対的買収は全体の1%にも満たないと言われています。

 

メディアが作り出したイメージでしかないのです。・・・みたいな内容を入れる

当社のM&A成功事例

Copyright  Satellite Financial Advisory Services Inc. All right reserved.